雨の景色

雨空の雲の合間からの日差しが、雨に濡れた園内を照らす。若々しい緑の木々が、初夏の涼風に揺れている。ピンク色の花びらで、春をわが物のようにしていた桜も、今は濃緑の葉と化している。この時期の雨水が、美しい自然を育む基となり、多くの草木たちが春夏秋冬、其々の季節で、園内を訪れる多くの人の目を楽しませてくれる。やはり今は、雨に濡れた景色が、風情があっていい。