初夏の天が瀬

桜の季節を過ぎると、桜は一斉に緑色に衣替えをし、天が瀬の山々も新緑に覆われ
る。 園内を初夏の爽やかな風が吹き抜け、青い空に緑の芝生が良く映える。
春先には、ぎこちなく聞こえた鶯の囀りも、今は上手になった。 その囀りに呼応
するように、他の山鳥もきれいに囀る。 鳥たちの囀りの合間から、かすかに蝉の
鳴き声が聞こえた。 初夏の新緑に誘われるように、今日も幾人かの参拝者が来園
され、心落ち着くひとときを過ごされている。 今の厳しい時節にも、ここでは
季節のうつろいを感じることができる。