「倶会一処」

阿弥陀仏の極楽浄土の美しい光景を述べ、往生を勧めている「阿弥陀経」というお経の中に、「倶会一処」(くえいっしょ)という言葉が出てまいります。

人はこの世での生命を終えると、仏さまを信じお念仏「南無阿弥陀仏」を称える身であれば、必ず阿弥陀様のお救いによって、阿弥陀様の世界である極楽浄土へと還っていかれます。こうして先だって往かれた大切な方々はお浄土にお還りになり阿弥陀如来のみもとにおられるということです。ご先祖様は皆お浄土に還って往かれ、私たちもいずれは仏どうしとして、「みな倶に一つところに会い集う」ということを「倶会一処」といいます。

「倶会一処」の世界をお浄土とも言えます。

私たちはお墓参りやご本尊にお参りするときなど、手を合わせ(仏さまと一つとなること)、私たちを救うために名のり出て下さった仏さまの名号(名前)「南無阿弥陀仏」を称え、すでに往生された亡き方やご先祖様をお偲びしていただければと思います。